苔の天窓

苔の天窓
自然をモチーフにした壮大な詩集。
タイトルにもなっている「苔の天窓」という詩も、考えれば考える程よくわからなくなるも、非常に美しい言葉の響きを放つ詩ばかりで、寝る前などによく読む。
「苔」をタイトルにもってきたけど、詩集全体的に「海」という言葉が多く登場する。