kokeiro

コケのコト色々 コケを楽しむ色々 コケ色な毎日

top ≫ blog

作品づくり  つれづれ

またヤスデゴケ

0000509024.png


以前、ヤスデゴケを刺繍で表現した作品をつくりましたが、また作ってみました。
ヤスデゴケの魅力は、切り口がたくさんあって、どこをクローズアップするかによって、ガラリと変わります。
以前作ったものは、樹幹などに張り付いている様子、
黒みがかった紫色のべたっとした多数の分枝が特徴なもの。
不透明感とのっぺりとしたもの感は刺繍が合うかなと思いました。
しかしながら、水分を含んだ顕微鏡下のヤスデゴケの姿は、まるきり違います。
葉の透明感と、セン類とは違うやたら複雑な腹面のツクリ。
そしてそれらが透けて見える美しい背面の姿。
なのでこんどは、それに挑戦してみることに。


光にかざすと、一応腹片が透けて見えております。
腹葉も一応ちゃんとあるのです!
とりあえず数点、京都コケ展に送ってみます。
視点をディープに深堀していくほどに、いわゆる「コケっぽさ」からどんどん離れていきます。これも、普通にパッと見たら植物なのかすら不明な謎の物体に見えます。きっと。場合によっては、気持ち悪いとかにもなりそう。。
というわけで、こういうディープなのは、売れる売れない、というより、
このアピールポイントを理解し、楽しんでくれるマニアックな人が多数いる時にお披露目しておくのが大事なのです。
きっと、荷出しと陳列を代理でやってくださるオカモス会員の方には、楽しんでもらえるかな。

身につけながら、裏になったり表になったり、動きがでるようチャームみたいな感じのミニブローチにしてあります。

少しづつ種数が増えて、今一体何種ぐらい作れるのか数えたことがありませんが、
50種くらいまで増やして、標本箱で一覧にしてみたいです。






 

コメント

kokeiroモバイルサイトQRコード

kokeiroモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000280288.png
  • 0000280289.png
  • 0000280294.png
  • 0000290326.png
  • 0000502816.png