kokeiro

コケのコト色々 コケを楽しむ色々 コケ色な毎日

top ≫ blog ≫

作品づくり  つれづれ

引き続き作品紹介

刺繍てラリウム
こちらも9日に持っていこうかな、と思っているコケテラリウム。

流木だけ本物。
あとは、ウメノキゴケも胞子体もコケも手製のフェイクです。

日頃、コケに興味が無い方が持つ「ザ・コケ風景」な感じの作品もあると、
面白がってくれるかなーと。

普通のコケテラでいいじゃん!って声があるかもしれませんが、
「コケイロ」なので、
コケを「色々」な角度から「色々」な方法で楽しむのだ!
本物でもテラリウムつくるし、観察もするし、同定もするし、栽培もする。
手芸という異分野とも色々組み合わせる。
とにかく、コケっぷりが絡めば、ジャンル構わず首を突っ込むのです。
この節操のなさがコケイロなのです。

昔から、テラリウムは人気ですし、コケテラも前からありましたが、
最近はより注目されている感があります。

ハンズなどでも、キットが販売されていたりしますし、
お洒落なインテリアショップやアパレルショップでも販売されていたりしますね。
でも、食虫植物なんかはかわいそうに思えてしまうのは私だけ?!

メイソンジャーで作るサラダが少し前にブレイクしていましたが、
ガラス瓶全般が盛り上がっている感じですね。


作品紹介





引き続きイベントに持って行く作品の紹介です。
期日が迫っているのに、大して準備が進まないいつも。
なのに、そういう時に限って余計なものを作りたくなってきます。



これもそのような経緯で一個だけ作りました。
コケ標本のコレクションボックスです。
12種類の蘚苔類が入っているもので、それだけです。
アクセでも何でもない、特に生活に役立つものでもないただ眺めるだけのもの。

でも、もしかしたら0.数%くらい、ウルトラ初心者にとってはフィールドで見つける際の参考になるかもしれないかもしれない。。。

一口にコケといっても、全く色もカタチも素材感も違うので、
表現するのも、素材も手法も変える。
というとっても面倒くさいけれども、だから誰とも被る事が無い作品。
素材も、塗料も、作り方も、コツコツ試行錯誤で考えたある意味集大成のような、
作品集のような小箱です。

ちなみに、一応売り物ですけれども、
売れなくても構いません前提で(というか多分普通に売れ残る。。)
展示目的で持って行きます。

需要に反し、日々進化するコケ手芸技術。。
人に見せる機会も少ないので、反応を伺ってみようかな〜と、
そういう展示用つもりの作品も少し持って行こうかといくつか用意してるのでした。


コケコラージュ

0000300081.jpg
ポストカードも作りました。
3枚セットです。

コケとか、コケ風景写真とか、コケ顕微鏡写真とかを切り貼りしたコラージュ。
細胞とか、葉の横断面とかマニアックな部分も使っています。

以前展示した、作品用の土台というか、下書き段階のものを転用しました。
なので、黄色いやつは没案で作品にすらなってなかったもの。
他に作品に仕上げた2案があるのですが、その下書きが見つからない。。
捨てたのか。。。??ということでこの3枚セットです。

数枚だけとか、今までも何度か作ったりしてたのですが、
今回、とても良い会社を見つけたので改めて作ってみました。

裏もちゃんとしましたよ。

ちなみに、「良い会社」という基準には、私視点でという意味もありまして、
画像入稿ができるかどうか、という点が入ってきます。
イラレもフォトショも使えないので、裏面作りひとつとっても一苦労!


これもやっぱり、専用の解説ページ付きです。
さりげなくですが、QRコード付いているので送った相手が何にも知らなくても、
そのうち興味がでれば見る事ができるようになってます。

いちいち、解説も作らなければ誰も寄ってこないのか?!
というような手厚い作品ばかりですが、
やはり、全くコケに興味が無い人に向けた普及教材作品のような位置づけを目標としておりますので、メモ書き程度であってもガイドは付けようと心がけておりますです。




kokeiroTシャツにつきまして

0000299830.png
博物ふぇすてぃばる!には結局Tシャツを少し持って行くことにしました。
当初は2サイズ展開にする予定でしたが、
なんと希望Tシャツが廃盤で完売。

在庫潤沢だったのに。。

そして代替シャツもメンズが全部欠品。
再入荷は何と秋。
問い合わせなどでやりとりしてた時は潤沢だったのに。
たかだか2日とかそこらで。。

てなことで、
Sサイズ:70×46.5(細身男性なら可)
Lサイズ:69.5×52.5(若干Sよりは厚め生地)
Lサイズ:77×57(Sと同じの柔らかい生地)

という何とも複雑な展開になってしまいました。
そして全部本当にちょびっとずつです。

原価がとっても高いので、
欲しい人がいるかどうかも分からぬものに冒険はできませぬ!


全てのサイズがそれぞれにバランスが変わりまして、
調整して入稿なので、ちょっとだけ若干違いがあります。
見た目の印象はほぼ同じです。

価格は5000円です。高い!
でも襟にも袖にも裾にもプリントされております。
ダンゴゴケの描かれたTシャツなんてきっと他にはないです。
購入者専用の秘密の解説ページもサイト内につくりました。
少量生産が割に合わないくらい凝った仕様でございます。


そんな感じの、1日限定用のプチ企画グッズみたいな感じですが、
ご興味ありましたらぜひよろしくおねがいします。m_ _m








ネックレス

首飾り
トヤマシノブゴケとコツボゴケの首飾り。

実際に着けてみると結構、普通ではなかろうか?!

「コケを身につけたい!」と考える人などあまりいないと思うのですが、
むしろお花モチーフよりも渋いし、大人向けじゃなかろうか?!

トヤマシノブゴケは、乾くとゴワゴワしていて、
顕微鏡で400倍とかで見ると、「パピラ」という突起が細胞上にあるのですが、
それのせいで、肉眼ではざらっとした感じというか、不透明な感じになります。
なので、刺繡で再現しております。
ほぼ原寸大。この方法を確立するのが結構大変でした。
個体差ありますが、うまくできるとそこそこリアルです!


コツボゴケは、パピラがないので透き通った涼しげなグリーンが鮮やかです。
蔦のように連なっているのが素敵なコケなのですが、こちらもほぼ原寸大。

いよいよ夏本番という感じの暑さですが、Tシャツとかばっかりになりますので、
ワンポイントに活用していこうと思います。

8/9のイベントにも、この手のトヤマシノブゴケとかコツボゴケとか持って行きます。

ムツデチョウチンゴケ

0000293897.jpg
コケは日本だけでも種類が沢山あって、サイズも質感も色も様々なのですが、
チョウチンゴケ科というグループは、葉が透き通っていて涼やかな美しいコケが多いのです。
その中で「ムツデチョウチンゴケ」という標高が高めの場所にいるコケがあります。
葉がなみなみと波打っている面白い葉をしているのですが、
透き通った葉とこのなみなみ、そして頭頂部に集まって広がる葉がまるで花のよう。
大きさがあるので、よく目立って(とはいっても、やはり他の植物と比べて人目にはつきにくいのですが。。。)とにかく美しい!

この波打ちを再現する方法が思い付かず、結構苦戦したのですが、
どうにかそれっぽくできるようになりました。(..気がする。。)


「コケ=モコモコ」のイメージが強いと思いますが、こんなお花のようなコケもいっぱいあるんだよ!
と、ついつい押し付けたくなってしまいます。
だって、綺麗なんだもの。気づかないなんて勿体ない。

栽培しながら見近に感じる術ももちろんありますが、
全てのコケがそう上手くいくものでもありません。
やはり、標高や紫外線、湿度。。様々な僅かな要因のバランスでガラリと変わるコケ環境ですから、何でもかんでも家で飼い馴らすのはあまり好きではないのが正直なところです。

フェイクですけれども。
今までコケにあまり興味なかった人が、このアクセをきっかけに、
ふと山登りでもした時にぱっと目に入ったりなんかしてくれたらいいなあ〜。
そういうのを目標にしています。






コケ柄のTシャツ

0000284539.png
イベントにはコケTを持って行こうか悩み中です。

原画はこちら、スケッチ調のタッチをそのままにしたもので、
もとはカラーなのですが、それだと派手過ぎたのでモノクロにしました。
いかがでしょうか。
家族の反応は意外に悪くなかったのですが、やっぱりオタク色強いでしょうか。




ポリエステル100%の生地なので、夏でも涼しくさらっと着れるアウトドア仕様ですが、街着でも違和感のないコットン風加工がされた生地となっています。
テロテロ、くたくた具合と、丈と身幅のバランスが、通常のTシャツと比べて縦長仕様なので、普通よりゆったりのSサイズでも、スッキリ見えます。

各コケには、タイプライター調のアルファベットフォントが配置されてます。
各絵柄が何コケなのかの答え合わせは、別途していただける仕組みを考えてます。

という、ディープさもありつつ。。
ぱっと見は、巷のボタニカルファッションに紛れられたらいいな、とコケマニアでない普通の人に見てもらえたら嬉しいのですが。。どうだろうな。

襟や裾、袖にまで柄が入る特殊プリントなので、そのへんも面白いTシャツになっているかと思います。

Sサイズ(着丈70cm/身幅46.5cm)とMサイズ(着丈66.5cm/身幅49.5cm)の2展開を予定しています。
Sサイズは、155cmの私が着た様子は、写真の通りですが、
177cm胸囲太めの旦那も丈は問題なかったので、痩せている方なら男性でもS大丈夫そう。

価格は5000円を予定しています。
襟や袖、裾にもプリントするのと、Tシャツの生地の具合でどうしても高くなってしまうのです。。。。。


残ったら困るので、未定ですが、他の作品が小さいものばかりなので検討中なのです。

ナニツクロウ

ブログを分けるのもなかなか難しいものですね。。
なぜ一緒にしないのか?というのは、色々ありまして。
例えば、先に作品を見て気に掛けてくれた方が、訪れてくれたとして、
ブログの内容が、作品に触れずに、ほとんどディープなコケ話しだと「ついていけない」となるわけですよね。

まあ、他にもやや支障があったので「ムクムクゴケ日記」の方では、
軽い遊び以外ではあまり作品に触れなくなりました。


とはいえ、わずか数回で辞めてしまうのも何ですし、ここも少しずつまともなページにして行きたい所存です。



私の製作は、トロいせいもあるのですが、
とにかくいちいち作るのに時間がかかるので、
あまりイベント活動ができていません。
夏のフェスしか今のところ予定無いのですが、そこに出すものもまだ一つもない状態なのです。。。
今までの手法が通用しないものを新しく作るとなった時、
思考にかかる時間とそれを試す時間、ブラッシュアップする時間、
と、とにかくエネルギーと時間だけがかかってしまうのです。。

以前、メインで作っていた生のコケを使う手法は、今や巷に溢れ。。。というほどでもないですが、すっかり増えてしまいました。
大して詳しくなくても作れちゃいますからね。

なので、そうそう簡単に真似できない手法や面倒さを取り入れたもので作る事が多くなりました。

さて、フェス用に何をつくろうか。。

アクセの他には、Tシャツやポストカードも持って行きたい予定です。
Tシャツはもう試作済みなので、詳しくはまた後日。















出店お知らせ

0000189565.jpg
まだ結構先ですが、8月に開催される生き物好きのお祭り、
「博物ふぇすてぃばる!」に参加します。

博物ふぇすてぃばる!とは.....
自然科学、自然史、生物学、古生物、鉱物、科学、物理、天文などなど、
博物ゆかりの題材からなる創作・展示・研究の販売、発表イベント。

ということで、通常のハンドメイドイベントとは、だいぶ違った趣向の内容です。
しかしながら、
日頃より通常のお客様と、コケ好きのお客様との温度差をどう埋めながら、
自分でも納得の行く趣向で作れるかを悩んでいる私にとっては、
ここぞとばかりに、ディープでマニアックなものを作れそうです。
普段なら、売れなそうな生態に注視したものとか。。

出店時には、ちゃんと学問としての観点からも個々の学習の成果を発表、普及できるような展示物作成が出店の条件として、義務付けられているので、
通常の作品づくりと併用して、コチラもなにか考えなければ。。

一つも作品が無い状態なので、今から地道に作って行かなければ!
※ 土日2日間開催で、9日の日曜のみ参加いたします。


コケのコサージュ

0000272378.jpg
わざわざブログを分けたのに、早速終了してしまいそうです。。
と、とりあえず、何か書かねば。。!!

先日の手作り市で、意外にも男性の方のお立寄りも結構あったのです。
コケだけ単体で考えると、男性人気は非常に高いです。モチロン。

観察会しかり、盆栽しかり。

しかしながら、本物ではないうえに私の作るものは、アクセや雑貨ですし、
どうしたって女子向けなデザインになってしまいます。
売れなかったら自分で着けよう〜。という考えのもと作るので。。


先日、数名の男性の方が購入してくださったのですが、
若い男性がコサージュを選んで下さったんです。

生き物や植物が好きで立ち止まってくれたのかな、と嬉しく思っていたのですが、
まさか、お手に取って選んでくれるとは思わなかったので、
さらに嬉しく思いました。

プレゼントでしょうか、ご自分にでしょうか。

以前、神戸でも、とてもイケメンな方に「自分で使えないけど欲しいから買う」
と、ピアスを選んでいただいたことがあるのですが、
そういうのって、超嬉しいです。

もちろん、使う目的で選ぶ女子の皆さんには、感謝感激なのは言うまでもなく。
意外なだけに、男性陣にアクセを手に取ってもらった時の嬉しさは、
女子のお客様とはまた違う感慨深いものがあるのです。