kokeiro

コケのコト色々 コケを楽しむ色々 コケ色な毎日

top

moss Rambling

  • きらきら
  • とり
  • ウマスギゴケ
  • ホソバオキナゴケ
  • きのこのやま
  • ヒメジャゴケ
  • まんまる
  • ボーダー
  • 樹
  • エゾスナゴケ
  • 華やか
  • まるで花
  • すきとおる
  • 垂れる
  • ゼニゴケ
  • 日光
  • キヨさま
  • タマゴケ
  • 目玉
  • しずく
  • あしあと
  • 壁画
  • 壁画
  • 0000097251.jpg
  • 集団
  • 双子
  • コウヤノマンネングサ
  • ゆきだるま
  • フリルちゃん


手ぶらでも楽しめるコケさんぽ。
まずは、カタツムリのごとくジリジリと歩みを進め、
立ち止まってはうずくまる。これに慣れること。

その後は、これらお供的などうぐ達が加われば、さらに無敵。
より充実したコケさんぽで、ミクロの世界から抜け出せなくなるかもしれません。



*ルーペ
10倍以上は欲しいところですが、慣れない道具をいきなり使って疲れるくらいなら、使いやすい虫眼鏡から初めてもいいかもしれません。
家族から初めて共感をもらえたときに使ったのも虫眼鏡の方でした。
小さい子にも使いやすく興味を示すのは大きい虫眼鏡、2~3倍程度のもの。

10倍以上のルーペなら、買いやすいのは「ビクセン」や「カートン」など。
¥1000程度から¥3000円以内くらい。個人的にも結局ビクセンの10倍を一番使います。
倍率が上がる程、サイズが小さくなります。
なので、やはり10倍くらいだと、レンズのサイズも価格もちょうど良い。

コケが気になりだしてから、すぐにルーペを購入する方は多いのですが、
見方が違っていたり、先生や詳しい人が近くにいると安心してしまい、
見る前に先に「何のコケですか?」と確認してしまいがち。
まずは、名前にこだわらず、ルーペで細かい特徴を確認するという作業に慣れる所から始めるのがお薦めです。
写真左の雪だるま型のものは、デザイングッズで有名なアッシュコンセプトの「雪めがね」8倍ですが、雪の結晶を観るものなのでコケにも十分。
ルーペを首から下げるディープさに気が引ける方にもお薦めです(チャーム付き)


*霧吹き
100均で売っているようなどこにでもあるスプレー。
忘れた時は、飲料用にお茶ではなく水を買ってそれを使うことも。
でも、霧吹きが使いやすくて面白いのでこれはぜひ欲しいところです。
小さい子や、「コケねえ〜へえ〜」という方には、真っ先に使わせたいアイテム。

*カメラ  
接写機能が付いたものが良いが、カメラのレンズをルーペに当てて上手く撮れば結構イケます。
コケ屋界では、リコーのCXシリーズやGRシリーズが人気。
とにかく皆口を揃えて「コケ撮りにはリコー」と言います。
最近は、マクロに特化したコンデジで写りも素晴らしいメーカーが色々あるので、気軽に楽しめます。
個人的には、やはりデジタル一眼にマクロレンズが使いやすいので好きです。

一時は「リコー」でしたが、最近はオリンパスのアウトドア用コンデジがおすすめ。
ルーペを忘れても代用できます。
とはいえ、ペンタックスのアウトドア用コンデジの人気も高し!(リコーがペンタックスに吸収された)
コケ屋界では、ペンタックスかオリンパス所有率が非常に高いです。
_______

「学ぶ」ことに本腰を入れると、色々道具も必要になりますが、
「楽しむ」のでしたら、まずはこの3点があれば十分!
基本的には、お金は一切かからない身一つで楽しめる「コケ観」ですが、
この3点は、いわば「三種の神器」
無くてもいいけど、あれば圧倒的に面白さが違う!というモノ達です。

___________________________________



kokeiroモバイルサイトQRコード

kokeiroモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000280288.png
  • 0000280289.png
  • 0000280294.png
  • 0000290326.png
  • 0000502816.png